エアコン取り付け時に必要な隙間


エアコンの取り付けには隙間が必要です。既に自宅にエアコンが設置してある場合は、エアコンと天井の間、壁との間、窓との間に隙間があるでしょう。これは単に設置場所がエアコンに対して大きすぎたからではありません。しかしこの隙間がどんな意味を持っているのか、どんな効果があるのかを知らない人も多いようです。何故隙間が必要なのか知っておく事でエアコン取り付け時のトラブルも防げますし、早期故障の予防にも繋がります。家の内見をする際の確認ポイントとして覚えておいてもいいでしょう。

エアコン上部は空気の吸い込み口

エアコンエアコンは室内の空気を吸い込んで、それを冷やし、または温めて吐き出す事で室内の温度を調整しています。空気の吸い込み口は、最近の機種ではエアコンの上側が一般的です。そのため、エアコンの上側には空気を吸い込むための隙間を設けます。エアコンと天井の間の隙間は、最低でも5センチ、できれば6センチ以上の隙間が望ましいと言われています。ただし商品によって必要な隙間が異なる場合もあるので、必ずメーカーが推奨する隙間の確認をしましょう。また、エアコンとカーテンレールにもある程度距離をあけます。その理由はエアコンの動作にあります。エアコンは、吹き出し部が稼働するため、エアコンと窓枠の間に隙間があっても、吹き出し口の可動部とカーテンレールが干渉し、正常に動作しない場合があります。窓の上にエアコンを設置する場合は、天井だけではなく窓枠、カーテンレールとの隙間にも余裕を持たせる必要があります。

メンテナンス時に必要な隙間

エアコンは寿命がくるまで何のトラブルもなく動き続けるとは限りません。使っているうちに故障する事もあります。故障時は、修理の際に業者がエアコンのカバーを外しますが、個人でフィルター掃除を行う際もエアコンのカバーを外します。カバーの取り外しは業者であっても個人であってもエアコンの周囲に隙間がなければ外す事ができません。このため、設置の際はカバーを外すスペースも考慮します。

隙間が作れない時は機種を変える

住宅事情からエアコン設置に十分なスペースが作れない場合もあるでしょう。そもそもその家がエアコンを設置できる設計になっているのか確認しましょう。最近建てられた建物では予めエアコン用の穴が開いていたりコンセントが設置されていたりとエアコンを考慮した作りになっています。しかし古い住宅の場合はそうでない事もあります。リフォームを予定しているなら、エアコンを取り付けるスペースを確保するようリフォーム業者へ依頼します。リフォームも気軽にできるものではありません。しかし、現在の状況のままでエアコンを取り付けたい場合は、ワンサイズ小さいタイプのエアコンにすることで解消できる場合もあります。

隙間が作れない時は設置場所を変える

小型のエアコンでもスペースを設けることができなかった場合は、エアコンの設置場所を変えることでも解消することができます。エアコンの室内機は、取り付け用の金具を使えば通常では取り付けできない場所でも取り付ける事ができます。室外機と繋がる配管の事もあるためどの場所でも取り付けられるわけではありませんが、可能な場合はエアコンのサイズを妥協することもなくなるため、一度電気工事業者へ相談してみましょう。しかしこの工事には追加料金がかかる事が多いです。予算の都合で大型のエアコン取り付けを考えているなら、小型エアコンの値段と工事費用を比べてどちらにするか検討が必要です。古い建物などでエアコン取り付けに不安がある場合は、エアコンを購入する前に電気工事業者へ相談、訪問してもらい実際に自宅の状況を見てもらう方が安心です。