窓の上にエアコン取り付けはできるのか

設備ということでは、どんなものにもベストなポジションがあります。その中で、どこまで妥協ができるのかといったことも探りながら、機能を発揮できる場所を探してことになるでしょう。エアコン取り付けも同様で、機能を発揮させるためには、重要になってくるポジションがあります。窓の上に取り付けられるかどうかも、スペースや本体の大きさなど、さまざまな要件が適用するかどうかが重要になってくるでしょう。

高い位置が理想となるエアコン取り付け位置

高い位置のエアコンエアコンを取り付ける位置は、できるだけ高いところができしていま。冷たい風を流す場合には、高い位置から水平にすることで効率をあげられるでしょう。暖かい空気は、上から下に流すことで対流させられます。冷暖房の効率を考えても、重力をうまく使える高い位置に取り付けることが有効です。風を遮るものが少ないというところも、高い位置にする要件となってくるでしょう。問題は、その位置を確保できるかどうかになってきます。

エアコンを高い位置に取り付けるために、窓の上につける方法が出てくるでしょう。この位置は、さまざまな問題が出てくる可能性があります。そのひとつとして、窓の上ということで、窓に干渉することを考えなければいけません。天井の高さと窓を配置する高さの県警も出てきますが、一般的な天井は2.4m程度でしょう。窓は2mの位置にまで伸ばすことが一般的です。これ以下の高さにすると圧迫感が出てきますし、高すぎると窓ガラスをはじめカーテンまで規格外のものを使うため、コストが増大します。

この計算から出てくるのは、わずか40cmしかないということです。エアコンは吸入口を上部に取り付けることが多くなるため、隙間を空けなければいけません。5cmは必要になってくるため、残りは35cmしかないでしょう。本当にわずかな隙間になってくることから、30cmで設計されているものも多く存在します。ですが、窓にはカーテンレールも存在し、吹き出し口が干渉するケースも出てくるため、さらに大きさに制限を受けることになるでしょう。こうしたサイズの問題から、カーテンレールなどを工夫するといったことを先におこなう必要も出てきます。

窓の上は現実的に難しい

解決策のひとつとして、薄型になっているエアコンも出てきました。窓の上専用ともいえるモデルであり、スペースが少なくても取り付けられるようになっています。ただし、内部の構造的に、容積量を下げることができません。そこで、前へ飛び出すような形でスペースをカバーしているため、かなり飛び出して見えるようになってしまうのが欠点です。この場合にも、上面には隙間を取らなければならないため、かなり不格好になるでしょう。

仮に取り付けられたとしても、噴き出した風がカーテンに干渉するようなことも起きてきます。エアコン取り付けは、重量に耐えられるようにおこなっていきますが、窓の上に強度が足りないといったケースも出てくるでしょう。この場合には、安全のためにも取り付けができないケースもあります。高さをぎりぎりまで引き上げることによって、天井に近く頭がぶつかり掃除やメンテナンスに手間がかかるといったことも考慮しておかなければいけません。

エアコンは高い位置に取り付けるのが基本となってきますが、メンテナンスや干渉といったことを考えると、少し下げるといった選択も必要です。窓の上につけることで、スペースをうまく使っているつもりで、あまり効率が良くなくなることも出てきます。スリーブとの兼ね合いもあるでしょう。窓の上にスリーブを開ければ、配管は窓をかわさなければいけなくなります。非常に不格好な状態にもなってしまいますので、エアコン取り付け業者と協議して効果的な場所を探すことが重要です。

マンションでのエアコン取り付けは注意が必要

住環境を考えた時に、すでにエアコンがない生活は考えられないでしょう。熱中症対策を考えても、必須の設備となってきています。マンションでも必要な設備といえますが、生活の変化によって、今まで必要のなかった部屋にエアコンが必要になったりすることも出てくるでしょう。用途が変わってくることは珍しいことではありませんが、エアコン取り付けに多くの制限がついてくるため、注意しておかなければいけません。

マンションで起こる工事の制約

マンションマンションには、さまざまな制約があります。そのひとつがエアコン取り付けに関する部分になってくるでしょう。室内に取り付ける分には、何か問題になるわけではありません。問題となるのは、室外機との関係にあります。構造的な部分から考えていかなければいけませんが、室内機は室外機とワンセットで機能する設備です。そのため、配管を通すためのスリーブを設置しなければいけません。穴をあけることになりますが、既存の穴があればそこから取り付けができるでしょう。しかし、新たに穴を開けるとなると、多くの問題が出てきます。

マンションの構造を見てみると、ほとんどがコンクリート造りになるでしょう。高層建築であっても、高い強度を維持できるからです。圧縮強度に炊けているところも重要ですし、壁構造で耐震性を持たせることもできます。その壁に対して穴を開けるということは、一戸建てのように、自分たちだけの責任だけで済むわけではなくなるでしょう。建物全体の強度を落とすことになってくるため、許可が出ないことがあります。コンクリート内部にある鉄筋の位置もあるでしょう。非常に細かく配筋されていると、金属探知をしても2本目はよけることが難しく、穴を開けると同時に切断するといった事故も考えられるのです。

マンションの場合には、一般的にエアコン取り付け用のスリーブを設計段階から入れておきます。この管を利用することによって、あと施工で穴を開ける必要がなく、強度も落とすことなく利用できるからです。ところが、このスリーブが遠い場合、室外機から距離ができてしまうことが考えられます。共用部分の廊下側に設置することが禁じられているようなこともあるでしょう。そうなると、距離が長くなることを承知で配管をしていくことになるでしょう。

化粧カバーで目立たなく

室内配管を伸ばしていくことによって、エアコン取り付けが可能となる場合があります。適用できる機種かどうかという問題もありますし、配管が伸びる分だけ効率は低下することは理解しておかなければいけません。それでも、有効な手段として利用は可能です。室内配管に関しては、どうしても違和感を覚えるようなものになってしまうのは間違いありません。そこで利用されるのが、室内用の化粧カバーです。

化粧カバーを巧みに利用することによって、あまり目立たない状況を作っていくことができます。途中部屋をまたぐ場合にも、構造碧でなければ、許可を取ることができるでしょう。配管を通す際には、押し入れなどもうまく使っていけば、あまり見えるところを通さずに済むこともできます。部屋の位置によって大きく差がついてくることになりますが、通し方によっては、かなり目立たない状態でエアコン取り付けが可能となってきます。

マンションのエアコン取り付けは、いろいろな工夫をしていかなければいけません。制限があるからといって、エアコン取り付けが不可能というわけではないからです。工夫の仕方次第で自然な感じに仕上げていくこともできますし、色なども目立たない工夫が可能です。化粧カバーの組み立て方次第というところもありますので、これまでに経験が豊富なところに依頼するのも重要でしょう。

エアコン取り付け時に必要な隙間

エアコンの取り付けには隙間が必要です。既に自宅にエアコンが設置してある場合は、エアコンと天井の間、壁との間、窓との間に隙間があるでしょう。これは単に設置場所がエアコンに対して大きすぎたからではありません。しかしこの隙間がどんな意味を持っているのか、どんな効果があるのかを知らない人も多いようです。何故隙間が必要なのか知っておく事でエアコン取り付け時のトラブルも防げますし、早期故障の予防にも繋がります。家の内見をする際の確認ポイントとして覚えておいてもいいでしょう。

エアコン上部は空気の吸い込み口

エアコンエアコンは室内の空気を吸い込んで、それを冷やし、または温めて吐き出す事で室内の温度を調整しています。空気の吸い込み口は、最近の機種ではエアコンの上側が一般的です。そのため、エアコンの上側には空気を吸い込むための隙間を設けます。エアコンと天井の間の隙間は、最低でも5センチ、できれば6センチ以上の隙間が望ましいと言われています。ただし商品によって必要な隙間が異なる場合もあるので、必ずメーカーが推奨する隙間の確認をしましょう。また、エアコンとカーテンレールにもある程度距離をあけます。その理由はエアコンの動作にあります。エアコンは、吹き出し部が稼働するため、エアコンと窓枠の間に隙間があっても、吹き出し口の可動部とカーテンレールが干渉し、正常に動作しない場合があります。窓の上にエアコンを設置する場合は、天井だけではなく窓枠、カーテンレールとの隙間にも余裕を持たせる必要があります。

メンテナンス時に必要な隙間

エアコンは寿命がくるまで何のトラブルもなく動き続けるとは限りません。使っているうちに故障する事もあります。故障時は、修理の際に業者がエアコンのカバーを外しますが、個人でフィルター掃除を行う際もエアコンのカバーを外します。カバーの取り外しは業者であっても個人であってもエアコンの周囲に隙間がなければ外す事ができません。このため、設置の際はカバーを外すスペースも考慮します。

隙間が作れない時は機種を変える

住宅事情からエアコン設置に十分なスペースが作れない場合もあるでしょう。そもそもその家がエアコンを設置できる設計になっているのか確認しましょう。最近建てられた建物では予めエアコン用の穴が開いていたりコンセントが設置されていたりとエアコンを考慮した作りになっています。しかし古い住宅の場合はそうでない事もあります。リフォームを予定しているなら、エアコンを取り付けるスペースを確保するようリフォーム業者へ依頼します。リフォームも気軽にできるものではありません。しかし、現在の状況のままでエアコンを取り付けたい場合は、ワンサイズ小さいタイプのエアコンにすることで解消できる場合もあります。

隙間が作れない時は設置場所を変える

小型のエアコンでもスペースを設けることができなかった場合は、エアコンの設置場所を変えることでも解消することができます。エアコンの室内機は、取り付け用の金具を使えば通常では取り付けできない場所でも取り付ける事ができます。室外機と繋がる配管の事もあるためどの場所でも取り付けられるわけではありませんが、可能な場合はエアコンのサイズを妥協することもなくなるため、一度電気工事業者へ相談してみましょう。しかしこの工事には追加料金がかかる事が多いです。予算の都合で大型のエアコン取り付けを考えているなら、小型エアコンの値段と工事費用を比べてどちらにするか検討が必要です。古い建物などでエアコン取り付けに不安がある場合は、エアコンを購入する前に電気工事業者へ相談、訪問してもらい実際に自宅の状況を見てもらう方が安心です。

エアコン取り付けとともに必要となるドレンホース

エアコンには、さまざまなものが取り付けられています。そのひとつとして、ドレンホースと呼ばれるものがありますが、エアコン取り付けをおこなう場合、ホースを延長しなければいけないことが出てくるでしょう。なぜこのホースが必要になってくるのか、どんな役割を持っているのかを知らなければ、追加料金を支払うとしても納得ができないこともあるはずです。

エアコンの仕組みから発生がわかる水の存在

ホースエアコンに取り付けられているドレンホースは、排水するためのホースになります。エアコンから水が出てきますが、これを室内に漏らすことができないため、屋外に排出するために必要です。ドレン管と呼ばれることもありますが、直管なのか、柔らかい素材なのかの違い程度で、役割的には水を屋外に排出することに変わりません。

このドレンは、Drainの日本語読みで、排出するとか排出するといった意味を持っています。つまり、排水管ということになるでしょう。さまざまな機会でもドレンホースは使われていますが、必要のない液体を排出するということで、共通した理念です。車のエアコンでも取り付けられていますが、エアコンが水を排出するというところが重要になってくるでしょう。

エアコンの仕組みから考えていかなければいけませんが、物体を圧縮することで熱を持ち、圧縮した機体を放出すると熱が奪われます。ここにフロンを使っているわけですが、熱を奪われれば温度が下がることになり、空気中の水分の飽和量が下がるため、水を発生させることになるため、排出させるためのドレンホースが必要になるといえるでしょう。そのままにしておけば、水漏れの原因にもなってしまいます。良くある問題として、何らかの要因でドレンホースが詰まってしまうことや折れてしまう、排出できなかったことで室内が水浸しになることがあるのです。

エアコン取り付け時にはドレンホースの位置を確認

エアコン取り付けをするときに、ドレンホースも取り付けていくことになります。外部に排出することになりますが、この位置も重要になってくるでしょう。もしも、排出した後の水が流れていくための場所がなければ、その場に溜まっていくことになります。ベランダに室外機をセッツしている場合には、排水溝に対して流れやすい位置にすることがポイントです。きちっと流れるようにすることによって、外が水浸しになるようなことを防げます。この流れの誘導もドレンホースの重要性になるでしょう。

内部が何かしらの問題で汚れてしまい、詰まってしまうようなことも考えられます。苔が生えてしまったというのも、その原因のひとつになるでしょう。確実に機能を発揮させるためには、エアコン取り付け業者に依頼して清掃してもらうのが確実です。他にも、エアコンドレンホースクリーナーといった専用の器具もあります。これを利用すると、自分で掃除ができるようになり、万が一つまって逆流するようなことも防ぐことができるでしょう。

機器として考えた場合、エアコンのように温度変化をもたらす場合、ドレンホースがなければいけません。エアコン取り付け時にあまり気が付くことはありませんが、機能的には単純ではありますが、快適に使っていくためにも非常に重要な部品となってくるでしょう。室内を除湿しているつもりが、逆流してしまったりすれば、効果をあげることもできなくなるからです。

エアコン取り付け終了後にも、一体どこを通っているのか、その位置を確認しておくと、何かあったときでも対処が簡単になるでしょう。さまざまな配管を室外機とつなげていきますが、その途中で分離していくからです。交換するといったことも出てこないわけではありませんので、存在を知っておくことが安全に使うために必要といえます。

引っ越し業者がもつオプションのエアコン取り付け

エアコン取り付けには、さまざまな方法があります。引越しと同時に設置するというのもひとつの方法でしょう。これまで使っていたエアコンをそのままにして引越すというのももったいない話です。自分で取り付けたものであれば、取り外して引越しするということも考えることになりますが、引っ越し業者が便利なオプションを持っていることがあり、活用することにとって、安価で確実に取り付けられるようになります。

引っ越しと同時にできるオプション

引っ越し引っ越しをするときには、エアコンを取り外して持っていくこともできますが、問題はこれをだれがおこなうのかということになってきます。自分で取り外すことができたとしても、実際に電気工事をおこなうことも出てくるため、取り付けは自分でできません。専門業者に依頼することが近道となってきますが、さまざまな障害があることがわかります。

業者を依頼するとして、現在の住居で手配することはそこまで難しいことではないでしょう。しかし、転居先でエアコンの取り付けまで依頼できないケースが出てきます。遠方になってしまう場合には、出張費を支払うとしても、断られる可能性が出てくるからです。これでは、スムーズに進めにくい状況になってしまいます。転居先で新たな業者を探さなければなりませんし、手配もしていかなければいけないでしょう。時間もかかってしまうことになるのですから、デメリットが相当出てきます。

仮に業者を見つけたとしても、契約をするために、何度も足を運ばなければいけないことも出てくるはずです。引っ越しで忙しい中で、エアコン取り付けに関して相当な時間を使わなければいけないのですから、この方法も効率的とはとても言えません。引っ越し業者も理解している部分であり、さまざまなオプションが作られるようになりました。そのひとつが、エアコン取り付けです。

料金も抑えることができる

エアコン取り付けのオプションのメリットは、なにも手間がかからないところにあります。手配はすべて引越し業者がおこないますので、取り外しも取り付けも自分でおこなっていく必要はありません。実際に遠方であっても問題はなく、転居先で工事を行える業者を引越し業者が手配してくれますので、引っ越したその日からエアコンを使っていくこともできるでしょう。運んでももらうことになりますので、自分の車に乗せて持っていくといったこともありません。

非常に便利な方法ですが、あまりに古いエアコンを使っているような場合には、買い替えてしまうきっかけにもなります。目安としては10年程度というところですが、この期間を過ぎると、故障しても部品が手に入らない可能性が出てくるため、引っ越し時に取り付けし直すことが無駄になってしまうことがあるのです。いいきっかけになる部分でもありますので、検討しておくべきでしょう。

引っ越し業者のオプションがお得なのかどうかもあります。金額的なことを考えると、もっと安く取り付けられる業者も存在してきますが、手間のかかり方を考えれば、大きな差が出てくるようになるでしょう。標準工事内で再利用することになりますが、機材が古くなければ、追加料金の発生も最小限に抑えることができます。追加料金は、どうしても部品が足りない、使えない場合に発生してくるため、あまりに古いものや室外機が遠い、穴をあけ直さなければ時間をかけずに済みます。電源等もありますが、事前に確認もしておけば、費用的にも抑えることが可能です。

引っ越しの時には、とにかく時間が欲しいと思うことでしょう。やることはいっぱいで、時間はいくらあっても足りないほどです。その中で、エアコン取り付けに関してすべて切り離すことができるだけでも、相当有効になってくるのですから、検討はするべき方法といえます。

エアコン取り付けには適切な位置と高さが大切!

高機能、高付加価値のエアコンが次々と開発され、暑い夏や寒い冬でも快適に過ごすことができるようになりました。しかし、エアコンの持てる性能を存分に発揮させるにはエアコンを設置する場所や高さが重要な意味を持つことをご存知でしょうか。そのことを知らずエアコン取り付けを行ってしまうと後々後悔をすることになってしまいます。このサイトでは、エアコンがベストパフォーマンスを発揮できる取り付け位置について説明させていただきます。

エアコン取り付けの理想的な位置と高さ

窓エアコンを取り付けたい部屋が長方形の場合は、短辺にエアコンを取り付けましょう。長辺の方向に風が吹き出すようにすることによって、部屋全体に冷風や温風が届きやすくなるのです。逆に長辺の方にエアコンを取り付けてしまうと、冷風や温風が届かない場所が増えてしまうのです。

エアコンは、窓の近くに取り付けるのが基本です。なぜかと言いますと、窓から暑さや寒さが部屋に入り込んでくるため、エアコンが窓のそばで、部屋に入り込んできた熱い空気や冷たい空気維を調節することにより、部屋の温度調節を効率よく行うことができるのです。

エアコンを取り付ける高さについてみてみましょう。一般的な家の天井の高さは2.4ⅿで、窓の位置の高さは、窓の上端が床から2.0ⅿの高さになることが多いのです。このような状況で、もしエアコンの室内機を窓の真上に取り付けたいと考えれば、2.4ⅿ‐2.0ⅿ=40㎝で、エアコンを取り付けるスペースは縦幅40㎝しかないことになってしまいます。エアコンの室内機の縦幅は約30㎝ですので、取り付けることは辛うじてできますが、室内機から天井までは5㎝以上の間隔を確保すべきであることを考えますとぎりぎりです。エアコンは室内機本体で空気を取り込んで、その空気を冷たくしたり、温めたりすることで快適な室温に調整してくれるのですが、エアコンの室内機の周辺に物体が密接していると、効率が低下して無駄な電力を使用することになります。そのような事態を防ぐためにも、エアコン室内機の周囲には約5㎝の隙間を確保しておくのが理想なのです。

さらに窓の上部にカーテンレールが付くとエアコンを取り付けることができなくなってしまいます。また、クローゼットなどのように2ⅿほどの高さがある家具の扉を開いた時にエアコンに扉がぶつかってしまいますと家具のドアを開くことができないという事態になってしまいます。エアコンを取り付ける際には周囲の家具の位置にも注意が必要になります。

エアコン位置が低い場合のメリットとデメリット

もし、エアコンの取り付け位置を低くすればどうでしょうか。冷たい空気は下に溜まりやすいという性質を持っていますので、エアコンの取り付け位置を低くすることによって効率的に部屋を涼しくすることができるというメリットはあります。またフィルターなどの掃除もしやすくなるでしょう。

デメリットとしては、低い位置にエアコン室内機があることにより、室内機の周囲にタンスや本棚などの家具が位置することになり、電気効率が悪くなり無駄な電力を消費することにつながってしまうということがあります。また、見栄えの問題もあるでしょう。少しエアコン室内機の高さが低くなるだけでも、私たちの視界にエアコン室内機の存在が入ってきてしまいます。本来ならば何らかの家具が置けたはずの場所を取られてしまうことになりますし、壁から出っ張っているため、部屋が狭く感じてしまいます。室内機の高さが低いと、室内機から吹き出す冷風や温風が直接顔や体に当たってしまい風邪を引いたり体の調子を崩したりする人も出てくるかもしれませんし、室内機から吹き出す風は意外と強いため、机の上に置いた書類などが飛ばされてしまうという事態も起こり得ます。

やはりエアコンはできれば通常は視界に入ってこない高さに設置する方がメリットが多いのではないでしょうか。

エアコン取り付け位置や高さの重要性についてご理解いただけましたでしょうか。一番いいのは、家自体の建築の際にエアコンの位置をしっかり決めて設計することですが、後からエアコンを取り付ける場合でも、エアコンのパフォーマンスを活かす位置や高さがどういったものかを理解しておけば、必ずやいいアイデアが生まれると思います。ぜひ、エアコンをベストのポジションに取り付けていただき、快適な生活をお送り下さい。