窓の上にエアコン取り付けはできるのか


設備ということでは、どんなものにもベストなポジションがあります。その中で、どこまで妥協ができるのかといったことも探りながら、機能を発揮できる場所を探してことになるでしょう。エアコン取り付けも同様で、機能を発揮させるためには、重要になってくるポジションがあります。窓の上に取り付けられるかどうかも、スペースや本体の大きさなど、さまざまな要件が適用するかどうかが重要になってくるでしょう。

高い位置が理想となるエアコン取り付け位置

高い位置のエアコンエアコンを取り付ける位置は、できるだけ高いところができしていま。冷たい風を流す場合には、高い位置から水平にすることで効率をあげられるでしょう。暖かい空気は、上から下に流すことで対流させられます。冷暖房の効率を考えても、重力をうまく使える高い位置に取り付けることが有効です。風を遮るものが少ないというところも、高い位置にする要件となってくるでしょう。問題は、その位置を確保できるかどうかになってきます。

エアコンを高い位置に取り付けるために、窓の上につける方法が出てくるでしょう。この位置は、さまざまな問題が出てくる可能性があります。そのひとつとして、窓の上ということで、窓に干渉することを考えなければいけません。天井の高さと窓を配置する高さの県警も出てきますが、一般的な天井は2.4m程度でしょう。窓は2mの位置にまで伸ばすことが一般的です。これ以下の高さにすると圧迫感が出てきますし、高すぎると窓ガラスをはじめカーテンまで規格外のものを使うため、コストが増大します。

この計算から出てくるのは、わずか40cmしかないということです。エアコンは吸入口を上部に取り付けることが多くなるため、隙間を空けなければいけません。5cmは必要になってくるため、残りは35cmしかないでしょう。本当にわずかな隙間になってくることから、30cmで設計されているものも多く存在します。ですが、窓にはカーテンレールも存在し、吹き出し口が干渉するケースも出てくるため、さらに大きさに制限を受けることになるでしょう。こうしたサイズの問題から、カーテンレールなどを工夫するといったことを先におこなう必要も出てきます。

窓の上は現実的に難しい

解決策のひとつとして、薄型になっているエアコンも出てきました。窓の上専用ともいえるモデルであり、スペースが少なくても取り付けられるようになっています。ただし、内部の構造的に、容積量を下げることができません。そこで、前へ飛び出すような形でスペースをカバーしているため、かなり飛び出して見えるようになってしまうのが欠点です。この場合にも、上面には隙間を取らなければならないため、かなり不格好になるでしょう。

仮に取り付けられたとしても、噴き出した風がカーテンに干渉するようなことも起きてきます。エアコン取り付けは、重量に耐えられるようにおこなっていきますが、窓の上に強度が足りないといったケースも出てくるでしょう。この場合には、安全のためにも取り付けができないケースもあります。高さをぎりぎりまで引き上げることによって、天井に近く頭がぶつかり掃除やメンテナンスに手間がかかるといったことも考慮しておかなければいけません。

エアコンは高い位置に取り付けるのが基本となってきますが、メンテナンスや干渉といったことを考えると、少し下げるといった選択も必要です。窓の上につけることで、スペースをうまく使っているつもりで、あまり効率が良くなくなることも出てきます。スリーブとの兼ね合いもあるでしょう。窓の上にスリーブを開ければ、配管は窓をかわさなければいけなくなります。非常に不格好な状態にもなってしまいますので、エアコン取り付け業者と協議して効果的な場所を探すことが重要です。