マンションでのエアコン取り付けは注意が必要


住環境を考えた時に、すでにエアコンがない生活は考えられないでしょう。熱中症対策を考えても、必須の設備となってきています。マンションでも必要な設備といえますが、生活の変化によって、今まで必要のなかった部屋にエアコンが必要になったりすることも出てくるでしょう。用途が変わってくることは珍しいことではありませんが、エアコン取り付けに多くの制限がついてくるため、注意しておかなければいけません。

マンションで起こる工事の制約

マンションマンションには、さまざまな制約があります。そのひとつがエアコン取り付けに関する部分になってくるでしょう。室内に取り付ける分には、何か問題になるわけではありません。問題となるのは、室外機との関係にあります。構造的な部分から考えていかなければいけませんが、室内機は室外機とワンセットで機能する設備です。そのため、配管を通すためのスリーブを設置しなければいけません。穴をあけることになりますが、既存の穴があればそこから取り付けができるでしょう。しかし、新たに穴を開けるとなると、多くの問題が出てきます。

マンションの構造を見てみると、ほとんどがコンクリート造りになるでしょう。高層建築であっても、高い強度を維持できるからです。圧縮強度に炊けているところも重要ですし、壁構造で耐震性を持たせることもできます。その壁に対して穴を開けるということは、一戸建てのように、自分たちだけの責任だけで済むわけではなくなるでしょう。建物全体の強度を落とすことになってくるため、許可が出ないことがあります。コンクリート内部にある鉄筋の位置もあるでしょう。非常に細かく配筋されていると、金属探知をしても2本目はよけることが難しく、穴を開けると同時に切断するといった事故も考えられるのです。

マンションの場合には、一般的にエアコン取り付け用のスリーブを設計段階から入れておきます。この管を利用することによって、あと施工で穴を開ける必要がなく、強度も落とすことなく利用できるからです。ところが、このスリーブが遠い場合、室外機から距離ができてしまうことが考えられます。共用部分の廊下側に設置することが禁じられているようなこともあるでしょう。そうなると、距離が長くなることを承知で配管をしていくことになるでしょう。

化粧カバーで目立たなく

室内配管を伸ばしていくことによって、エアコン取り付けが可能となる場合があります。適用できる機種かどうかという問題もありますし、配管が伸びる分だけ効率は低下することは理解しておかなければいけません。それでも、有効な手段として利用は可能です。室内配管に関しては、どうしても違和感を覚えるようなものになってしまうのは間違いありません。そこで利用されるのが、室内用の化粧カバーです。

化粧カバーを巧みに利用することによって、あまり目立たない状況を作っていくことができます。途中部屋をまたぐ場合にも、構造碧でなければ、許可を取ることができるでしょう。配管を通す際には、押し入れなどもうまく使っていけば、あまり見えるところを通さずに済むこともできます。部屋の位置によって大きく差がついてくることになりますが、通し方によっては、かなり目立たない状態でエアコン取り付けが可能となってきます。

マンションのエアコン取り付けは、いろいろな工夫をしていかなければいけません。制限があるからといって、エアコン取り付けが不可能というわけではないからです。工夫の仕方次第で自然な感じに仕上げていくこともできますし、色なども目立たない工夫が可能です。化粧カバーの組み立て方次第というところもありますので、これまでに経験が豊富なところに依頼するのも重要でしょう。