エアコン取り付けとともに必要となるドレンホース


エアコンには、さまざまなものが取り付けられています。そのひとつとして、ドレンホースと呼ばれるものがありますが、エアコン取り付けをおこなう場合、ホースを延長しなければいけないことが出てくるでしょう。なぜこのホースが必要になってくるのか、どんな役割を持っているのかを知らなければ、追加料金を支払うとしても納得ができないこともあるはずです。

エアコンの仕組みから発生がわかる水の存在

ホースエアコンに取り付けられているドレンホースは、排水するためのホースになります。エアコンから水が出てきますが、これを室内に漏らすことができないため、屋外に排出するために必要です。ドレン管と呼ばれることもありますが、直管なのか、柔らかい素材なのかの違い程度で、役割的には水を屋外に排出することに変わりません。

このドレンは、Drainの日本語読みで、排出するとか排出するといった意味を持っています。つまり、排水管ということになるでしょう。さまざまな機会でもドレンホースは使われていますが、必要のない液体を排出するということで、共通した理念です。車のエアコンでも取り付けられていますが、エアコンが水を排出するというところが重要になってくるでしょう。

エアコンの仕組みから考えていかなければいけませんが、物体を圧縮することで熱を持ち、圧縮した機体を放出すると熱が奪われます。ここにフロンを使っているわけですが、熱を奪われれば温度が下がることになり、空気中の水分の飽和量が下がるため、水を発生させることになるため、排出させるためのドレンホースが必要になるといえるでしょう。そのままにしておけば、水漏れの原因にもなってしまいます。良くある問題として、何らかの要因でドレンホースが詰まってしまうことや折れてしまう、排出できなかったことで室内が水浸しになることがあるのです。

エアコン取り付け時にはドレンホースの位置を確認

エアコン取り付けをするときに、ドレンホースも取り付けていくことになります。外部に排出することになりますが、この位置も重要になってくるでしょう。もしも、排出した後の水が流れていくための場所がなければ、その場に溜まっていくことになります。ベランダに室外機をセッツしている場合には、排水溝に対して流れやすい位置にすることがポイントです。きちっと流れるようにすることによって、外が水浸しになるようなことを防げます。この流れの誘導もドレンホースの重要性になるでしょう。

内部が何かしらの問題で汚れてしまい、詰まってしまうようなことも考えられます。苔が生えてしまったというのも、その原因のひとつになるでしょう。確実に機能を発揮させるためには、エアコン取り付け業者に依頼して清掃してもらうのが確実です。他にも、エアコンドレンホースクリーナーといった専用の器具もあります。これを利用すると、自分で掃除ができるようになり、万が一つまって逆流するようなことも防ぐことができるでしょう。

機器として考えた場合、エアコンのように温度変化をもたらす場合、ドレンホースがなければいけません。エアコン取り付け時にあまり気が付くことはありませんが、機能的には単純ではありますが、快適に使っていくためにも非常に重要な部品となってくるでしょう。室内を除湿しているつもりが、逆流してしまったりすれば、効果をあげることもできなくなるからです。

エアコン取り付け終了後にも、一体どこを通っているのか、その位置を確認しておくと、何かあったときでも対処が簡単になるでしょう。さまざまな配管を室外機とつなげていきますが、その途中で分離していくからです。交換するといったことも出てこないわけではありませんので、存在を知っておくことが安全に使うために必要といえます。