DIYへの関心が集まる中、エアコンの取り付けは自分でできないの?と疑問に思われている方も多いと思います。エアコンは他の家電と違って取り付けに手間がかかり、専門知識を必要とします。取り付けがうまくいかないとエアコンの寿命が短くなってしまうこともあるので、プロの業者に任せた方が安心です。

エアコンの取り付けは購入した店舗に依頼することが一般的ですが、エアコン工事の専門業者に直接依頼するという方法があります。エアコンは高額商品ということもあり、取り付け費用はなるべく節約したいという方も多いと思います。工事費用を安く抑えるためには、どのような方法があるのでしょうか。

エアコン工事の専門業者の情報を得るにはインターネットが便利です。お住まいの地域と「エアコン工事」で検索すれば、たくさんの業者が見つかります。ホームページの内容もさまざま※が、工事内容や料金について詳しく掲載している業者もあります。サイト上から無料で見積もりを行ってくれる所もあるので、できるだけ少ない費用で工事を行いたい方は、見積もりサイトを利用して依頼する業者を選択する方法がおすすめです。

このコラムでは、工事費用を安くするための見積もりサイトの利用方法について解説いたします。業者選びで迷われている方も、是非参考にして下さい。

エアコン工事費用を安くする方法

パソコンエアコン工事費用を安くするために、まずインターネットで業者を検索し、ホームページの内容を見て候補になる業者を2つ以上ピックアップしましょう。工事内容や料金だけでなく、保証が付いているかどうかも選ぶポイントになります

複数の業者を比較してみると、それぞれのアピールポイントが浮かび上がってきます。工事費用を安く抑えたいからといって、極端に安い費用を売りにしている業者は注意しましょう。費用が安い分工事の質が低かったり、オプション料金が高く設定されていたりする可能性があります。逆に、標準設置工事の料金だけでなく、オプション料金の一覧表もわかりやすく記載している業者は信頼性が高いと言えます。

目ぼしい業者を選んだら、まず一つ目の業者の無料見積もりサービスを利用しましょう。サイトから専用フォームに必要事項を記入して送信すると、業者が工事費用の見積もりを作成して返信してくれます。現地見積もりといって、作業員が訪問して見積もりを行う業者もありますが、ネットでできれば時間も手間もかからないというメリットがあります。また、わざわざ訪問してもらうと断れないというタイプの方もいらっしゃると思うので、そういった方にはぜひネット見積もりをおすすめしたいと思います。

業者から見積もりが届いたら、次はその見積金額を参考にして、他の業者に見積もりを依頼してみましょう。

見積金額の比較方法

複数の業者に見積もりしてもらうメリットは、他社の見積額を基準として、値段の交渉ができるという点です。事前に見積もりしてもらった金額を伝えれば、その金額以下の値段を提示してくれる可能性はあります。

エアコン工事の専門業者は個人経営の所も多く、費用に関しては大手より融通が利く面もあります。以前はエアコンの取り付けを販売店で依頼される方が大部分でしたが、インターネットの普及と共に、工事費用が安い業者をお客様が自分で選べるようになりました。その分業者間の競争が激しいため、価格の交渉を受け合ってくれる場合もあるようです。ただし、エアコンがたくさん売れる夏場などの繁忙期は、交渉が難しい可能性があるということも知っておきましょう。

複数業者を比較するメリットは他にもあります。見積もりメールの書き方も、信頼できる業者かどうかを見極めるポイントになります。大まかな工事費用をメールのみで送ってくる業者や、エクセルのファイルを添付して標準設置工事費用とその他の費用明細を一覧にして送ってくれる業者もあります。工事費用だけではなく、お客様への対応や工事の内容説明についても比較できるので、業者選びの大きな参考材料になります。

標準設置工事の範囲は業者によって異なる

複数社から見積もりを取ってみると、見積金額に差があることが多いですが、その理由は、単に価格設定だけの問題ではない場合があります。

見積金額の違いは、標準設置工事の内容が業者によって違うことによって起こります。
たとえば、エアコン取り付けの際の壁の穴あけですが、穴あけが1か所までなら標準工事に含まれる場合と、含まれていない場合があります。穴あけが含まれていても、壁の材質によっては追加料金になることがあります。

このように、金額の違いだけではなく標準設置内容の違いについても比較してみると良いでしょう。エアコンの取り付け工事は、設置条件によって追加工事が必要になる場合も多いです。実際に工事に取り掛かってみないとわからないこともあるので、追加料金が発生することも想定して、標準工事の範囲について良く知っておきましょう。

真空引きが標準工事に含まれているか確認しよう

エアコンの取り付け工事には、最後に真空引きといって、真空ポンプを使用して、配管の中を乾燥させる作業が必要となります。ほとんどの業者がこの作業を行ってくれますが、中には真空引きを標準工事に含めず、追加料金を請求する業者もあるようです。

真空引きを怠ると、エアコンの重要な部分であるコンプレッサーの詰まりの原因となり、故障を起こす可能性があります。修理には多額の費用がかかるため、大きな損をすることになってしまいます。優良な業者なら、標準工事にはほぼ真空引きがセットになっているはずなので、見積もりの際に不明な場合は必ず確認しましょう。

まとめ

エアコンの取り付け費用を安くするためには、インターネットの見積もりサイトを利用するのがおすすめです。見積もりサイトとは、ネット上のやりとりだけで工事費用の見積もりができるサイトのことです。取り付け費用を安くするコツは、複数の業者に見積もりを依頼し、比較を行うことです。

一つの業者の見積額を基準にして、他社に値段交渉を行うことも可能です。見積もりサイトを運営する業者間の競争も激しいため、他社の見積額より安い金額で見積もりしてくれる業者もあると言われます。

費用だけでなく、見積書の作成方法や、依頼者への対応を比較することによっても、その業者の信頼度を測ることが可能です。また、標準設置工事の内容も業者によって異なるので、ホームページや見積書に記載がある場合は確認しておきましょう。エアコンの取り付けには、最後に真空引きという重要な作業があるので、標準工事にきちんと含まれているかどうかもチェックポイントです。

他と比べて工事費用が安い業者には、「からくり」がある場合もあります。その分追加料金が高額ではないか、見積もりの作成方法などが信頼に足りるかどうかなど、見積もりサイトを利用するからこそ比較が可能となります。これからエアコン工事をお考えの方は、是非利用してみていただきたいと思います。